« 昭島市に井崎正浩指揮の「オーケストラと歌う合唱団イン西東京」を聴きにいってきました | トップページ | 想定外、盲点だった、認識の甘さ、夢にも思わなかった等の放射能汚染 »

2011年7月15日 (金)

読売巨人軍の原辰徳監督への応援メッセージ

baseballついに、読売巨人軍の原辰徳監督への応援メッセージをアップする事になりました。このところの成績もですがプレーに「ジャイアンツ魂」を出していただきたい。ジャイアンツの誇りはどこえ行ってしまったのか一人一人の選手の華やかさ個性はどうしたのか残念で仕方がない。調子が悪い選手は2軍で調整をさせるそのくらいの覚悟と勇気が必要ではないかあまりにもひどすぎる。まず投手ですが上から目線の投手がいなくなってしまった。いつ打たれるかひやひやしたプレート態度、これではいけませんね!巨人軍の雰囲気がそうさせてしまっているのかもっと楽しみながら投げる雰囲気を出し手投げてほしいものだ。それに信頼できるストッパーが必須の課題でも有り来年こそ捜してきてほしいものだ。

次にバッティングだが調子の悪い選手をいつまで使うか主にラミレス、小笠原、高橋の3人の責任は重い。調子の良い長野、坂本、阿部がいるが完全に打線が途切れてしまっている。それに犠打がほとんどなく少なすぎるのも得点力不足の原因かもしれない。

今後は主力3人のラミレス、小笠原、高橋の調子がどうなるかが鍵ですが年齢的にも迫ってきているので爆発的な回復も望めないので1点を取りに行く野球をして守りの野球を主眼に置いた選手起用に方向転換をしていただきたい。これも投手次第であるのでストッパーの開発を現状投手陣からしていただきたい。思い切った人選でしていただきたい。

強いチームにはいろいろな役者がそろい、その役を華麗にこなしてファンを喜ばせるこんな雰囲気が必要である。原監督さん役者を育てて演じさせファンを喜ばせて下さい。役は原監督が決めてくださいよろしくお願いいたします。これは限りなく個人的見解です間違っていたらすいませんbaseball

フレー フレー フレー ジャイアンツsign03

フレー フレー フレー ジャイアンツsign03

フレー フレー フレー ジャイアンツsign03

巨人軍応援は永遠なりsign03

« 昭島市に井崎正浩指揮の「オーケストラと歌う合唱団イン西東京」を聴きにいってきました | トップページ | 想定外、盲点だった、認識の甘さ、夢にも思わなかった等の放射能汚染 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

交流戦優勝したいなら、澤村を出すな!
でもかわいそうだから、1回だけで交代させて頂戴

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/534007/52212898

この記事へのトラックバック一覧です: 読売巨人軍の原辰徳監督への応援メッセージ:

« 昭島市に井崎正浩指揮の「オーケストラと歌う合唱団イン西東京」を聴きにいってきました | トップページ | 想定外、盲点だった、認識の甘さ、夢にも思わなかった等の放射能汚染 »

google+

Amazon.

アーティストの森

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ