プロ野球

2014年9月28日 (日)

巨人軍原辰徳監督セ・リーグ3連覇達成の瞬間

baseballbaseballbaseball巨人軍原辰徳監督セ・リーグ3連覇を達成しました。おめでとうございます。

打線が低迷する中での見事な優勝です。baseballbaseballbaseball

2013年11月 3日 (日)

2013日本シリーズ楽天田中を倒し巨人逆王手

baseballbaseballbaseball2013日本シリーズは無敗投手楽天田中を倒し巨人が逆王手をついに掛けました。巨人打線が底力を出しました。田中投手のピンチの時の癖それは直球にこだわる事、またスピリットボールを投げすぎ握力が無くなり珠が甘くなるこの2点でした。これを巨人打線が叩き見事に勝利逆大手、今日が勝っても負けても最終戦今年最後のプロ野球を十分楽しみたいと思います。baseballbaseballbaseball

フレーフレー巨人!

フレーフレー巨人!

フレーフレー巨人!

2013年10月30日 (水)

元巨人軍監督のV9を達成した川上哲治氏が逝去

baseball元巨人軍監督のV9を達成した川上哲治氏逝去の訃報に触れ、悲しく残念で仕方がない。野球小僧だったころ夢を与えてくれた監督です。今でも川上哲治氏の野球を鮮明に覚えていて野球そのものの楽しさ厳しさをテレビを通じて間接的に教えていただいた素晴らしい監督です。今も野球を楽しく見られるのも川上監督のおかげと思っています。残念ですがご冥福をお祈りいたします。think・・・・・

2013年9月23日 (月)

2013年セ・リーグ原巨人2年連続35回目のリーグ優勝胴上げ

baseball2013年セ・リーグ原巨人2年連続35回目のリーグ優勝胴上げの写録です。baseball

2013年9月22日 (日)

原 辰徳監督率いる読売巨人軍が2013年セントラルリーグ優勝

baseball原 辰徳監督率いる読売巨人軍が2013年セントラルリーグで優勝を果たしました。巨人軍ファンの皆様、関係の皆さんおめでとうございます!ダントツの強さを見せての優勝は素晴らしかったです!baseball

万歳!

万歳!

万歳!

これからCS,日本一を目指す巨人軍よ頑張れ応援しています!

Dsc066041

2013年8月22日 (木)

あの天才ヤンキースのイチロー選手が日米通算4000本安打達成

happy01あの天才ヤンキースのイチロー選手が日米通算4000本安打を達成する大記録を成し遂げました。イチロー選手おめでとうございます。すごい偉大な記録です!通過点であるがどこまで記録が伸びるか楽しみの一つである。happy01

2013年5月 5日 (日)

長嶋茂雄、松井秀喜が記憶に残る国民栄誉賞授与

baseballbaseball2013.5.5子供の日の東京ドームは松井秀喜の引退式そして長嶋茂雄、松井秀喜への国民栄誉賞授与さらに豪華メンバー(長嶋、松井、原、安部首相)による始球式はジィヤンツファン初め国民にとって記憶に残る感動の式典でした。baseballbaseball

Photo
松井秀喜の挨拶

4_20130505_1738

二人仲良く場内一周

1_20130505_1732
国民栄誉賞表彰式

2_20130505_1733

豪華始球式

3_20130505_1734

2013年3月30日 (土)

2013年巨人軍開幕戦 復活脇谷選手

baseball2013年巨人軍開幕戦は復活脇谷選手の活躍で広島に4対3で逆転勝利しました。今年も巨人の日本一優勝で決まりですね。sign03今年の特徴は各チーム攻撃陣にてこ入れが目立ちます。飛ばないボールへの変更で去年ホームランが少なくなっていましたが今年は注目すべき選手が目白押し面白いと思います。楽しい季節がやってきました。baseball

2013年3月19日 (火)

侍ジャパン3連覇ならず!

baseball侍ジャパン3連覇ならず!残念think 野球(日本) 対 ベースボール+野球(海外)の戦いでもあった。海外のベースボールも日本の野球を取り入れ戦いをしていました大きな変化だと思います。また投手もスピードボールだけでなく変化球で巧みに交わす投法が目立ちました。侍ジャパンではメンタル面の弱さがここ一番で出ていたような気がしました。極度の緊張感の中で結果を出す野球をいつもやっていればいいのだが経験の少ない選手が多かったような気もします。4年後を目標にベースボール+野球の出来る選手の育成を日本のプロ野球の関係者に期待したい。山本ジャパンお疲れさまでした。sign03baseball

2013年3月 9日 (土)

WBC侍ジャパン土俵際で井端選手に救われる

baseballbaseballWBC2次ラウンド侍ジャパンは絶体絶命の土俵際9回2アウトで井端選手の同点タイムリーでまたも救われた後、台湾に延長10回中田選手のの犠牲フライで逆転勝ちをしました。それにして長い試合で時計の針は23時30分を回っていました。日本のプロ野球では終了時間ではギネスかもしれませんねsign03侍ジャパン打撃不振の中でまさに井端様神様でしたありがとうsign03baseballbaseball

フレーフレーフレー侍ジャパンsign03

フレーフレーフレー侍ジャパンsign03

フレーフレーフレー侍ジャパンsign03

より以前の記事一覧

google+

Amazon.

アーティストの森

最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ